韶山SS8型の進捗状況(12/27)

予告通り久しぶりに模型の投稿をします。

この間に大幅な製作方針の変更がありました。

これまでは前期型117号機(特殊機で後期型同様の車体)の北京局時代版から後期型166号機(新世紀金龍号)の現行版へ変更することにしました。

これに伴いヘッドライトやパンタグラフの交換、無線機器の増設などがさらに必要となりました。

SS8後期型の中でも166号機は新世紀金龍号に命名されている以外にも装備が変わった機関車だと思います。SS8のかなりのマニアならお分かりかも知れませんね。この辺りに関しては今後の進捗報告で合せて投稿していく予定です。



以前のパンタグラフは撤去済み。



無線アンテナやGPSアンテナ等を増設しました。合せて配線もしてあります。この部分は警笛の位置も含め毎車両異なる為に特に注意が必要な場所でもあります。

形状の若干異なるヘッドライトを交換し、空調機器も違和感を感じたので再度製作したものを設置しました。

また窓枠の表現は今ひとつなので思い切って撤去し再製作へ。



これが新しく搭載するために製作中のパンタグラフのTSGD-300型。

以前のDSA-200型より高速タイプのため若干小型になっています。

 

そして10月末に着工した香港トラムの旧200号車。

これもスクラッチビルドで足回りは青森モデルの台車とパワトラを使用してます。



約5週間でこの状態に。

塗装の修正や電装などがまだで完成ではありません…
dazhao
  • dazhao

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!