韶山SS8型の進捗状況(6/10)

台車を製作中だったのですがあまりに手が進まないので先に機械室内を進めることにしました。

主変圧器に違和感を感じたので改めてスケールチェックをしたらエラーを発見してしまったので修正することに。

20140610_01

床板部分との接続する部分を新製しました。

20140610_02

今回ボルト部分はずっとストックしていたアメリカから取り寄せたScale Hardware社の0.5mmボルトとナットを使用しました。

20140610_03

エラー修正が終わった主変圧器。

せっかくのボルト・ナットが目立たなくなったわ(汗)

もう少しディティールの追加をしたいですがどこまでやれるのか…

 

さらに新しい資料をこちらのアマゾン(亚马逊)で購入しました。

20140610_04

韶山型電力機車 故障応急処理手冊

20140610_05

本の中身は機器の解説などが掲載されています。

20140610_06

集まった資料。

これらは全て機関士や整備士などが実際に現場で使用している内部資料です。中国では鉄道書店やネットでも販売しており一般人でも購入可能です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!