阪堺電気軌道121形(11)

前回で車体はほぼ完了しましたので床下足回りへ。

20160326_01

おそらく自作すればかなり時間が掛かると思われるブリル77E-1台車を着手。

製品として精密で高級なLazyJack製やYAMA模型のホワイトメタル製、入手困難なだるまや製がありますがいずれも1/80スケールのため使えるか不明ということもありまして、とりあえずやってみるかと言うことで穴あけ中…

20160326_02

先ほどの穴あけした真鍮板を糸鋸で抜き一旦4枚重ねて半田付けし鑢で整形後バーナーでバラした状態です。

これが基本部分になります。はたしてちゃんと台車になるのでしょうか…

20160326_03

基本部分に更に裏側へ同じ0.5mm厚の真鍮板を半田付け。

車軸バネ部分は真鍮線を巻いたものを穴を開けて埋め込みました。その部分の枠も0.5mm厚の真鍮板から抜いたものを付けています。

板バネは長さの違う0.3mm厚の真鍮帯板から。

20160326_04

0.5mm厚の真鍮板で台車枠を延長しその他にも少しづつディティールが出来てきました。

2件のコメント

  • 台車まで自作ですかァ?スげ~!
    市販貧Lジャンクでごまかしまくりの拙作は退場ですね。

    • いやいや。
      まだ1枚目の途中なので完成するかどうか…
      しかも動力をどうするかという問題もありますしね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!