Archive for the Category ◊ 楼閣 ◊

Author:
• 水曜日, 9月 10th, 2014

麗江から戻ります。

まずは昆明まで行こうと思っていたのですが、8月9月限定で2階建ての臨時快速が大理まであるのでこれに乗って大理で観光することに。

20140902_01

SS7C型バナナカラー。サボは何故か特快カラーでした…

20140902_02

そして利用したのは2階建て軟臥車の2階部分にある一人軟包。室番にはVIPと書かれてます。

20140902_03

室内は窓際にダブル、上段がシングルになっていて1枚の乗車券で3人まで利用(※要手続)することが出来ます。

20140902_04

ミニテーブルとポット。

20140902_05

スタンドと電源もありますね。

20140902_06

鶴慶に停車中。

20140902_07

大理に到着。

軟臥車は貸し切り状態でしたね。硬臥の代座で硬座扱いにしてましたが3両分くらいしか乗ってませんでした。

20140902_08

大理駅の駅舎。

 

路線バスに乗って移動します。

20140902_09

三塔。

20140902_10

裏の池に写った三塔。

20140902_11

奥へ進んでいきます。

20140902_12

崇聖寺山門。

20140902_13

大雄宝殿。

20140902_14

望海楼。

20140902_15

望海楼からの眺めです。

20140902_16

出口付近にある池に写った三塔。

Author:
• 月曜日, 2月 03rd, 2014

天候は最悪ですので今回は現地確認程度にと頭を切り替えます。

20140202_21

遅れて来たT14。

20140202_22

L277。

20140202_23

HXD2B牽引の貨物列車。

20140202_24

K262。

20140202_25

K269。

お昼になったので市内へ。

本来なら昼食後に再度現地へ戻る予定でしたが、この天候では仕方ないので市内を見物して帰ることにしました。

20140202_26

邢台火神庙。

20140202_27

清風楼。

これにて路線バスで邢台東駅へ移動します。

20140202_28

邢台東駅。

予め購入していた乗車券を早い列車に変更。

20140202_29

西安北からやって来たG662次。(Nokia Lumia 920)

20140202_30

1時間50分で北京西に到着。

Category: 鉄道, 楼閣  | Comments off
Author:
• 金曜日, 12月 09th, 2011

ここ2ヶ月は北京に留まっていたので12月11日に行われる香港国際賽事を観戦することに。



まずはZ65次の硬臥で南昌まで移動。



北京西駅の1番ホーム。

南局昌段(南昌鉄路局/南昌車両段)の25T型客車を使用。北京西~南昌の直達特快は井崗山ゆきも含め3往復体制で運行されている。



翌朝7:20、定刻で南昌に到着。



定番になりつつあるシールサボ。



南昌駅の駅舎。

 

朝食後、駅前のバスターミナルから2路に乗り滕王閣へ。



滕王閣。

江南三大名楼の一つと言われている。他の2つは武漢の黄鶴楼と岳陽の岳陽楼で私は既に訪問済み。唐代に建てられ29回も改修されておりエレベーターまで完備している。ちなみに私は階段で登りましたw

入場料は50元。



楼閣から赣江を。

 

近くの経済大楼から27路のバスに乗り八一公園へ。



佑民寺。

南朝の梁の時代に建てられた古刹。参拝料は2元。

中でほとんどの参拝者が買っていた2元の麺を私も食べてみましたが意外と美味しかった。



朱徳旧址(起義総指揮部旧址)

朱徳が南昌で革命運動をしていた時の居住で八一起義の司令部にもなっていた場所。中の人に自由に見て良いですよ言われ無料で見学できた。

 

工人文化宫から5路のバスに乗り縄金塔へ。



縄金塔

唐代(904年)に建造された7層の高さ50.86mの塔だが、現在の塔は明代に再建された物。入場料は15元。

残念ながら塔に登ることは出来なかった。

Author:
• 火曜日, 4月 19th, 2011

前回同様に実名制度が行われているため、外国人旅客は窓口で購入しなければならない。

だが窓口には誰も並んでおらず待ちなしで購入できた。



售票員が10分後の列車があるけどと言うのでOKし1等席を購入、急ぎ足で2階の検票口へ。



G1033次は広鉄沙段(広州鉄路集団/長沙車両段)のCRH3C型の8連でした。

私が乗車した1等車は1/3位の乗車で、検札の様子を見る限りでは大半が長沙まで行くようでした。

 

岳陽に2時間滞在し、食事して武漢へ戻ります。

そういや岳陽東駅から中心部へ行く路線バスが32路から游1支に変更になっていた。これまでは岳陽駅までの路線であったが岳陽楼にも乗り換えなしで行けるようになり便利になった。

 



武漢同様に窓口には人が並んでいなかった。

15分後の武漢までの1等席と、そろそろ押さえておかなければと思っていた西安からの硬臥を購入。なぜか售票員に笑われた。



前回はCRH380A型だったG1036次ですが、広鉄沙段(広州鉄路集団/長沙車両段)のCRH3C型の8連でした… おそらく上海局へ3本と海南島の東環高速鉄路1本に異動している影響か。

前回と合わせて感じたことは長沙南~武漢は利用する旅客が少ないということ。石武客運専線が開通すれば旅客の流れは変わるのだろうけど…



行きは時間がなくじっくり見ることが出来なかったので改めて。

ここ武漢も空港のようで無駄にデカい駅でした。

 

路線バスで武昌駅に戻り、乗り継いで黄鶴楼へ。



黄鶴楼は岳陽楼と南昌の滕王閣と並んで江南三大名楼とされています。

滕王閣もいずれ訪問しないとな…



楼閣最上階から長江大橋方向を望む。手前が武昌側で、奥が漢口側。

 

長江大橋を渡ってくる路線バスを撮影します。

前回の訪問から3年が経過し車両もかなり更新されています。



WG-D68U 揚子江客車の新型トロリーバス。



WG6120DHA 揚子江客車の新型トロリーバス。



YS6160G 常隆客車の連節バス。

Author:
• 土曜日, 3月 19th, 2011

武広客運専線に乗るため長沙駅から長沙南駅まで135路の路線バスで移動します。運賃1元。

現在長沙の中心部では地下鉄工事が行われており長沙駅と長沙南駅も結ばれる予定となっている。



G1036次の乗車券。

武広客運専線は実名制度を行っているため外国人は自動券売機が利用出来ないため窓口購入となります。



何故かG1036次だけ遅れてます…



1等席でしたのでおしぼりと飲み物とお菓子のサービスがありました。

350km/h運転でも揺れがあまり感じられず非常に快適でした。

時間帯や区間のせいか判りませんが私が乗車した1等車は4人しかおらず空気を運んでいる状態でした。2等車もあまり乗っていなかったようでしたし…



約30分ちょっとで岳陽東に到着。車両は広鉄沙段(広州鉄路集団/長沙車両段)のCRH380A型の8連でした。



無駄にデカい岳陽東駅。3面5線で通過線もあります…

 

岳陽東駅から中心部の岳陽駅までは路線バス32路で移動します。運賃は1元。

※32路は路線変更のため岳陽東駅には行かなくなりました。その代わりに「游1支」が運行され、岳陽駅のほか岳陽楼まで行くことができるようになりました。



街の中心にある岳陽駅。

駅前からは長距離バスも発着しており、昆明や北京などの行き先が書かれた寝台バスが止まっていました。



江南の三大名楼といわれている岳陽楼。入場料80元。



岳陽楼から洞庭湖と君山島の眺め。



有名な杜甫の「登岳陽楼」の詩で、書者は毛沢東主席によるもの。



岳陽楼の南側にある汴河街広場。



中国で2番目に大きい淡水湖である洞庭湖。