Archive for the Category ◊ 2012.10台湾游 ◊

Author:
• 水曜日, 10月 17th, 2012



玉里駅の駅舎。
こんな小さい駅でもコンコース内には政府のフリーWifiが飛んでます。



東急製の旧型ディーゼルカーDR2700形に乗車します。
もともと光華号用だった車両で、台東線に朝夕を中心に6往復が運行されています。



反対側は前面が黄色い塗装です。



車内は回転クロス。



鳳林で双方向の自強号を待ちます。

東急製の自強号DR2800形が到着しました。



2時間で終点の花連に到着。



花連駅の駅舎。



中線で休んでいる自強号用のDR3100形。



台北までの自強号TEMU1000形「タロコ号」に乗車します。
JR九州の885系が原型の車両です。



車内はこんな感じです。



23時前にようやく台北に戻って来ました。



普快4682次と自強247次の乗車券。

Category: 乗車記録, 定点観測/撮鉄, 2012.10台湾游  | Comments off
Author:
• 水曜日, 10月 17th, 2012



枋寮駅の駅舎。
駅前で弁当や飲み物を調達します。



その間に次に乗車する旧客が入線していました。
現在はこの区間の一往復だけが旧客です。



R100型ディーゼル機関車に旧客が3両です。



今日は3両とも日本製の客車です。
ちなみに通勤タイプのインド製セミクロス車が連結されることもあるようです。



隣のホームには復興号用客車が止まっていましたが、空調付きなので区間車としても運用されているようです。



車内は回転クロス。



最後尾のデッキは開放状態です。



山間部を走行中(枋山~古荘)。



時刻表には掲載されていないホームの無い信号所?で観光列車に抜かれます。



大武駅停車中。南国の海らしい風景に。



海岸線を走ります(大武~瀧渓)。



金崙で莒光号と列車交換。



温泉で有名な知本に停車中の観光列車。



2時間ちょっとの旧客の旅の終点台東に到着。



台東駅の駅舎。



次の目的地玉里まで乗車する自強号。 今回の車両はDR3100形で日車製です。



1時間ほどで玉里に到着。



普快3671次と自強305次の乗車券。

Category: 乗車記録, 定点観測/撮鉄, 2012.10台湾游  | Comments off
Author:
• 水曜日, 10月 17th, 2012



今回は台湾島を反時計回りで列車を乗り継いでいきます。



まず台北から左営までは一気に直達タイプの高鉄で移動します。もちろん商務座です。
単純に一周するのなら在来線の自強号だけでも可能なんですがそれでは面白くありませんからここで時間を稼いでおきます。



1時間半ちょっとで左営に到着。



高鉄の乗車券。



高鉄は左営ですが在来線は新左営という駅名です。
しかも隣の駅が左営ってかなり紛らわしい。



新左営から枋寮まで乗車する自強号が入線してきました。
12連のDR2900形ディーゼル特急で日立製です。

 

まだ時間があるので撮り鉄してみます。



E200形電気機関車が牽引する莒光号。



なんと後ろ2両に郵便荷物車が2両ぶら下がっていました。



プッシュプルタイプE1000形の自強号を後撃ち。



EMU500形の区間列車。

 

そろそろ時間なので乗車します。



車内はこんな感じです。
シートピッチが広かったりフットレストがあるので国鉄時代のグリーン車を彷彿させます。



1時間ちょっとで枋寮に到着。ここで乗り換えます。



自強231次の乗車券。

Category: 乗車記録, 定点観測/撮鉄, 2012.10台湾游  | Comments off
Author:
• 月曜日, 10月 15th, 2012



彰化で降りたのは彰化機関区を見学するため。

正門で登記して入場します。



扇状庫の裏を進んでいくと庫内には青い塗装のR40号機ディーゼル機関車が休んでいました。



庫外にはCK124号機が。日車製の蒸気機関車でC12と同型機。



扇状庫。



CK101号機。汽車会社製の蒸気機関車。



DT668号機。川崎製の蒸気機関車でD51と同型機。



ターンテーブル。



ちょうど入庫するR72号機がやって来ました。

ひと通り見学したので台北に戻ります。



彰化駅に停車中のイタリア製自強号EMU300型。

私の乗った区間列車は次の成功駅でこの列車に抜かれました。



帰りの高鉄は乗車券が2時間先まで売り切れ。

この待ち時間は夕食に。



区間列車と高鉄の乗車券。

Category: 乗車記録, 定点観測/撮鉄, 2012.10台湾游  | Comments off
Author:
• 月曜日, 10月 15th, 2012



二水駅駅舎。



集集線の一日乗車券を購入。値下げしたのか78元でした。



日車製のDR1000型気動車。



40分ほどで集集に到着。

ここは観光の中心となっているのでかなりの乗客が降りていきます。



集集駅の駅舎。

日本統治時代に建設された駅舎で台湾大地震で倒壊したが修復された。



駅前には阿里山森林鉄道で使用されたシェイ式蒸気機関車が展示されている。

集集線は約90分間隔くらいなので街をのんびり散策。



CK124が描かれた観光壁画もありました。



集集古街。

次の列車に乗り終点の車埕まで移動します。



車埕に到着。



車埕駅の駅舎。



先ほどの集集とここ車埕は自動販売機はなく硬券が売っていました。



構内には蒸気時代の補水補炭設備なども残されておりS300型ディーゼル機関車やたくさんの貨車が展示されています。



ここでは折り返し時間が短いので一本後で戻ります。



台東まで直通なので次の目的地である彰化までそのまま乗車。

乗車券は車内で精算してもらいました。



彰化に到着。

Category: 乗車記録, 定点観測/撮鉄, 2012.10台湾游  | Comments off