Archive for the Category ◊ 2012.07香港游(荊州/福州) ◊

Author:
• 日曜日, 7月 22nd, 2012

上海南から地下鉄を乗り継いで七宝へ移動。



某美女のおすすめでやって来た七宝古鎮。



橋の上から。



食べ物屋がたくさん並ぶ。



老街湯園。

地下鉄に乗り打浦橋へ。



以前にも来たことのある田子坊。

そして張江高科へ。



天津と同じTRANSLORH3タイプのLRTに乗車。



上海站。



最後は動車寝台D322次。



ブレブレですが参考まで…



大雨のダイヤ乱れを受けて15分遅れで北京に到着。



深夜に到着するはずの列車がまだ到着していない状況。ZやTもかなり遅れが出ているようでした。

Category: 2012.07香港游(荊州/福州)  | Tags: , , , , , ,  | Comments off
Author:
• 土曜日, 7月 21st, 2012

福州からは上海へ移動する。

もちろん動車で行く事も出来るのだがここでは客車の夜行列車を選択。



福州站の駅舎。



K164次の硬臥乗車券。



客車は25Gの機関車給電タイプで、どうやら今月置き換えられたばかりのようだ。



シールサボ。



この列車は南平南や武夷山からの乗車が多いため、福州出発時では車内はガラガラ。



水と緑が綺麗な福建の風景。



機関車はHXD3C型が牽引。新調された編成にもかかわらず荷物車が何故かXL25Bになっている。

ご覧のように厳しい地形を走るため単線電化となっている。このため列車交換や追い抜きなどで距離の割に所要時間が掛かる。



翌朝杭州南に停車中。

福州持ちの列車なので朝食の車内販売は面以外に名物の魚丸がありました。



上海南に15分の遅れで到着。



上海南站の駅舎。

Category: 2012.07香港游(荊州/福州)  | Tags: , , , ,  | Comments off
Author:
• 土曜日, 7月 21st, 2012

龍岩で下車したのは今月1日に開通した厦龍鉄道に乗車するため。こちらを経由すれば福州に午前中には着くのでなおさら良い。



D3137次の一等座乗車券。



このD3137次は福州・寧波・杭州・上海などを経由し南京まで12時間36分掛けて走る。



CRH2B(16両貫通タイプ)の運用となっている。2Bに乗車するのは初めてだ。

このホームの屋根は細い上に短いのは開通に間に合わせたためなのか?



福州南に到着。



駅前のロータリーが工事中なのでこの角度から…

 

路線バスを乗り継いで下院という所まで移動。



下院到着。海抜969mの鼓山風景区の玄関。



往復ロープウェイに乗車。

往復切符は70元で最初は高いなと感じたのだが、実際乗ったら長いこと長いことこれならOKだ。



ロープウェイを下車し石刻などを見ながらしばらく歩くと湧泉寺に到着。入場料は40元。



天王殿。



そして両脇にあるのが千仏陶塔。

今回のここまで来たのはこれがお目当てで、宋代に作られた陶器の塔だ。元々は福州南郊の龍瑞寺から1972年に移設されたもの。



大雄宝殿。



下山時のロープウェイから福州市内を望む。

Author:
• 金曜日, 7月 20th, 2012

今回の旅行も折り返し。

まずは福州ゆきのK636次に乗車するが途中の龍岩で下車。



K636次の硬臥乗車券。



客車は福龍鉄路カラーの25G客車。



シールサボ。

列車は21時台の発車にもかかわらず夕食の車内販売があり名物の魚丸なども売られていた。

車両は草臥れた感じではあるが車内は意外と整備されていて清潔感もあった。この辺りは国鉄との違いか?



翌朝龍岩には15分の遅れで到着。それでもまだ6時を過ぎたばかりだ。



龍岩站の駅舎。

Category: 2012.07香港游(荊州/福州)  | Tags: , , , ,  | Comments off
Author:
• 金曜日, 7月 20th, 2012

久しぶりに大埔にある香港鉄路博物館へ。



大埔墟站の旧駅舎。1983年まで使用していた。

この敷地を香港鐵路博物館として車両などを展示している。



以前訪れた時はこのディーゼル機関車まだ展示されておらず、この場所にはモーターカーがあり横にメトロキャメル製電車のモックアップが展示されていた。



旧型客車。



6両の客車が展示されている。

Category: 2012.07香港游(荊州/福州)  | Tags: , ,  | Comments off