Archive for ◊ 10月, 2014 ◊

Author:
• 金曜日, 10月 31st, 2014

広州から香港へは東駅から直通車でラクラク移動。

旺角のホテルにチェックイン。実際に彌敦道がデモ隊に占拠されているのを目の当たりにする。

 

まずは分断されている香港トラムの状況を見たいので東側の折返し運転をしている維多利亞公園に行くために地下鉄で天后へ。

20141025_01

訪問した10/25の香港トラムの運行状況図(10/31現在も変更はなし)。

20141025_02

普段は見ることのできない維多利亞公園ゆきで、この写真の車両は後部運転台を使用して逆走状態で運行。

20141025_03

非常用に用意されている維多利亞公園の方向幕。

20141025_04

非常用に渡り線を利用して折返して行く東行きトラム。

ただこの折返しは架線にポイントがなくポールの転換作業は人力で行われています。









20141025_05

百徳新街~維多利亞公園の区間運転しているトラムから東行きトラムへの乗り換え風景。

ホーム側でなく線路側の扉で乗降させている。

20141025_06

百徳新街~維多利亞公園の区間トラム。

20141025_07

このトラムのサボ。無料で2区間乗車することが出来る。

循環って書いてあるが実際は循環ではなく専用の1両が単線運転を行っている。

20141025_08

銅鑼灣(百徳新街)に停車中の区間トラム。

すぐ後ろはデモ隊に占拠されていて運行支障している部分。





20141025_09

西側からのトラムは全て跑馬地ゆきで折返して行くが普段は無い跑馬地循環のトラムも運行されている。

20141025_10

跑馬地循環のサボ。

20141025_11

天楽里の跑馬地支線からの合流地点。

跑馬地支線から出てくる跑馬地ゆきの循環トラム。ここから跑馬地ゆきが出て来ることはないので貴重なシーン。

Author:
• 木曜日, 10月 30th, 2014

予定してた時間よりもかなり早く消化してしまったが路線バスを乗り継いで衡陽東駅へ。

20141024_01

衡陽東駅駅舎。

事前に購入していた乗車券を早い列車に変更してもらいました。

20141024_02

漯河西発のG551次に乗車。

 

2時間ほどで広州南に到着。

地下鉄で三元里まで移動し、ホテルにチェックイン後に徒歩でいつもの広園西路で撮り鉄。

20141024_03

SS9GをSS8がサンドイッチの入庫回送。

20141024_04

広州のDF11は若番が多いせいか前面ステップや空調機器周りの処理が異なりスッキリしている。

20141024_05

オレンジ亀ことDF4B。

全国的に見るとかなり数を減らしているのだが、ここ広州では広茂線の旅客列車の主力機として活躍している。

20141024_06

南の楽園と言われた広州にもHXD1Dがやって来て世代交代に待った無しだ。

Author:
• 水曜日, 10月 29th, 2014

香港フリークの私としては雨傘革命が非常に気になっておりトラムも寸断されて運行ということでぜひ記録したいと思って約1ヶ月経ってしまいました。

本来は國慶節の連休が終わったら出撃しようと思っていたのですが、恥ずかしながら体を壊しましてしばらく見合わせており体調に不安を抱えながら行くことにしました。

20141023_01

まずは南寧ゆきの特快T285次に乗車します。

20141023_02

翌朝長沙に停車中。反対側には北京西から6分先行して運行の三亜ゆき特快T201次。

20141023_03

衡陽に到着。

20141023_04

衡陽駅駅舎。

ここから路線バスに乗り移動。

20141023_05

路線バスを降り移動中に見かけたRZ25+CA25+KD25改造の救援車。

20141023_06

SS8は3両居ました。

20141023_07

HXD3C型。

20141023_08

上海局のHXD1D型。

Author:
• 火曜日, 10月 21st, 2014

23日まで池袋のサンシャインシティ噴水広場で香港ミニチュア展が行われています。

当Blogのリンク先でもある「イヌゲージ鉄犬」さまも訪問されたとのことで投稿されています。

過去の遠征記事でもわかるかと思いますが、私は香港フリークで特にトラムと競馬が好きで通い始め香港との付き合いも20年になろうとしています。香港で生活したいと思ったこともありましたが何処をどう間違ったのか香港ではなく首都北京で生活しております…

今回さすがに日本へ行くことが無理ですが、せっかく注目されているこの機会に香港ミニチュアの過去に数回訪問した展示をまとめてみることにしました。このBlogを始める前の画像と未投稿画像の中からTonyLaiさんの作品を中心に上げます。また過去の記事も併せて御覧ください。

20141021_01

2007年11月に香港・太古坊で行われた「香港本土風情」微型藝術展覽にて。

友人の富柏村さんに連れられて行ったのが始まりでした。

20141021_02

TonyLaiさんの作品『和昌大押』。この年に制作されたLaiさんの代表作。

20141021_03

2012年7月に行われた「香港書展2012」にて。この年の新作『摩星嶺木屋』。

香港微縮藝術家の消失中的香港シリーズの第4巻がリリースされた事による快楽書房ブースでの展示。

香港書展2012(7/18)

20141021_04

2013年4月に香港・青衣城で行われた「微型藝術展」にて。この年の新作1/43『大坑火龍』。

青衣城・微型藝術展(4/8)

20141021_05

2011年の作品、1/87『西環唐樓』。

ビルの火災現場とトレーラー車を牽引する2階建てトラムが印象的な作品です。

20141021_06

そして有名な代表作『和昌大押』の1/50と1/150の並び。

 

2013年9月には北京でも香港ミニチュアの展示が行われました。

頤堤港・微景静態展

 

関連リンク先:

香港微型藝術會 – HKMAS(Hong Kong Miniatures Art Society) FB

Tototon Lai -Tony LaiさんのFB

Category: 模型  | Comments off
Author:
• 日曜日, 10月 12th, 2014

今回も阪神国道線の91形の進捗状況を。

20141012_01

最後までランボードの残った91号車としてランボードを製作し仮置きしてみました。

20141012_02

前面には手摺やサボ受けなどを追加。側面はまだ片側だけですが保護棒も取り付けました。

もう少しこちらが進んだらSS8型の製作復帰しようと思います。

Category: 模型, 阪神国道線91形(1/87)  | Comments off