Tag-Archive for ◊ 一等座席 ◊

Author:
• 水曜日, 8月 08th, 2012

台風が接近している中、杭州にある霊隠寺に行くため高速鉄道に乗車します。



上海虹橋駅に停車中のG7307次。



杭州に到着。幸い雨は降っていませんでした。

駅前からK7路のバスに乗り終点の霊隠へ。



霊隠寺の入口。

ただしここは風景区の入口で霊隠寺は少し離れている。



飛来峰の磨崖仏。



そして霊隠寺自体の入場券を購入し境内へ。



大雄宝殿の両脇にある石塔。

北宋時代に建造された九重八角楼閣式の石塔。欠け落ちて居る部分があるのが残念。



大雄宝殿。

帰りは西湖の周りを大回りして杭州駅へ。G7320次に乗車し上海へ戻る。

Author:
• 水曜日, 9月 28th, 2011

久しぶりに天津へ行って来ました。

往復とも普通に和諧号でしたが…



今回の往復の乗車券。



北京南駅に停車中のC2213次。

 

天津に到着後は狗不理の本店で包子を食べて、その後に十一径路から地下鉄に乗り開発区へ。

帰りは塘沽から乗車することに。



塘沽駅の駅舎。

 

C2278次に乗車したかったのだが売り切れのため1本後のC2280次になりました。

この夕方2本と朝イチのC2272次の3本は天津に停車せずノンストップで北京南まで直達する。



塘沽駅に停車中のC2280次。



北京南駅に到着。

Category: 鉄道, 乗車記録  | Tags: , , , , , , ,  | Comments off
Author:
• 木曜日, 8月 18th, 2011

東京の友人3名が大連入りするので、それに合わせてこちらから出発。

当初は直達特快のZ79次で行く予定にしていたのですが、例の事故の影響によるダイヤ改正(改悪)を控え乗車券の発売開始時期が10日前から5日前に改められたことにより発売当日の朝に行くも玉砕。

代替案として夕方の動車で瀋陽まで行き夜行で大連へ行くことにしました。



D1次の一等席乗車券。

事故後、初めて乗る動車は最後尾車両の最後尾座席が…



北京駅。



となりのホームに1分前に発車する平壌ゆきK27次。



車両は瀋局瀋段(瀋陽鉄路局/瀋陽車両段)のCRH5A型で8連×2の16両。



瀋陽北駅に到着。 ホームは工事中でした。

Author:
• 木曜日, 6月 30th, 2011

京滬高速鉄道がいよいよ開通するということで早速初乗りしてきました。

G151次一等座

15時発の1番列車は北京南~廊坊間が瞬殺されたので2番列車を購入。

商務座もあったのだが考えもあってここは1等座にしました。

北京南駅

北京南駅には1時間ちょっと前についたのですが既にすごい人でした。

このエリアは立ち入り禁止になっていたのでスクリーンは正面から撮影できず…

 

もしやと思い、反対側の警察官と警備員が待機しているエリアへ。

温家宝首相

14時半、温家宝首相登場!

野次馬が押し寄せて来たけど、警備員に弾かれていた。

自動券売機

自動券売機の前ではBTVの中継が行われていた。

北京南駅ホーム

始発列車が出るとすぐに改札がはじまり、まず先頭車へ向かいます。

CRH380A-6042L編成

CRH380A-6042L編成。

このG151次の車両と乗務員は上海局が担当しています。



乗車してしばらくすると家族連れの方の席がバラバラになってしまったらしく席を交換してあげることに。

元の席は通路側だったのだが窓側なので喜んで交換した。

ミネラルウォーターと国際飯店のクッキー

1等車のサービスはミネラルウォーターと国際飯店のクッキーの詰め合わせ。

このクッキーは美味しかった。

313km/h

313km/hで走行中。これが最高速度でした。

G151次食堂車

この列車にも報道関係の人たちが多数乗車しており、食堂車でノートPCからデータを送信したりサイトにアップロードしているようでした。

G151次

途中は徳州東、済南西、泰安、宿州東、南京南と停車。

この列車が最初の列車になる駅もあってホームにも地元TV局のカメラが見かけられました。

常州北駅

常州北駅に停車中。ここで通過待避します。

通過するG19次

通過するG19次。北京南を16時に発車した列車です。

上海虹橋に到着

終点の上海虹橋に到着。

1等座だったせいか、5時間半の乗車にも関わらず快適に移動できた。

Author:
• 火曜日, 4月 19th, 2011



太原の駅舎。

 

太原に来た目的は路線バスの1路。

駅前から西に延びている迎澤大街を進み汾河を渡り下元まで行く約6kmの路線。



旧型の済南客車JK6170型連接バスが活躍中。今年の夏に引退予定なので乗車と記録。



他にも上海電車SK5105GP型トロリーバスなどが健在。

できればJK6170型が引退する前にもう一度訪れたいと思いました。



北京西までのラストランナーはD2008次。1等席を自動販売機で購入。

太原を出発し石太客運専線に入る。しばらくするとグランドキャニオンのような渓谷と山並みの風景が続く。

陽泉北に停車後、中国最長のトンネルである太行山トンネル(27.839km)を通過。石家庄北で今回の遠征で初めて韶山SS1型を見かける。後ろの22型客車に付いていた運行牌が石家庄北-太原だったのでおそらく6033次であろうか。

ここからは見慣れた京広線に入り北京へ一直線。



北京西に到着。車両は太局原段(太原鉄路局/太原車両段)のCRH5A型で8連×2の16両。