Tag-Archive for ◊ DF11G ◊

Author:
• 土曜日, 1月 21st, 2017

今日はweiboで投稿された物を見て気になっていた臨客のZ4009次を確認するため出撃して来ました。

ただ朝の下り列車なので場所をどこにするか迷いましたが撮影よりも観察重視ならということで珍しく朝に東便門へ。



Z52次直達特快・南通~北京の入庫。



こんな時間にSS8が出てきました…



先日北京西で見た京局京段の0122号機。



今日のお目当てのZ4009次が出庫して来ました。



これがその気になっていた客車です。

この客車は元・専運列車用の軟臥車です。通常は党幹部や国賓などが乗るような特別列車に連結されています。日本で例えるのならお召列車の供奉車のような感じでしょうか。

配属表記が京局京段に書き換えられていましたので一般の軟臥車に格下げされたようです。



牽引機はDF11G型0017/0018号機です。

AC380V版車なのでこの編成なら電源車の連結が不要です。



Z601次直達特快・北京~菏沢。



K5201次臨時快速・北京~石家荘。

先ほどの0122号機はこの臨客の牽引機でした。客車はK601/2次の間合い運用です。



Z30次直達特快・揚州~北京の入庫。



Z4009次臨時直達特快・北京~漢口。

さて今日のメインであるZ4009次が発車です。



朝日に照らされた元専運車が走り去って行きました…

Category: 鉄道, 定点観測/撮鉄, [北京]北京站-東便門  | Tags: , , , ,  | Comments off
Author:
• 土曜日, 10月 12th, 2013

香港歴史博物館で九龍バスの旧型車の展示が行われているということなので行くことにしました。

 

まずは直達特快Z17次で長沙へ。

以前にもこの列車に乗車したことはありますが発車駅が北京に変更になってからは初めて。

20131011_01

この列車はBST25T編成ですが写真にも写っているように中間の4両が一般のRW25Tが連結されています。給電系統もAC380V仕様になっています。

BST25Tは現在生産していないので今後こういった混結が増えるかも知れませんね。

20131012_01

長沙に到着。

20131012_02

長沙駅の駅舎。

20131012_03

長沙から株洲までは上海虹橋ゆきのD107次に乗車します。

CRH1Bの16両編成で1Bは初乗車でした。

20131012_04

株洲に到着。

20131012_05

株洲某所でSS8など。

この時に居たSS8はすべて上海局に所属の機関車でした。

 

駅前に戻りバスで移動。

20131012_06

湘江畔にある火車頭広場にある上游SY1469。

20131012_07

藍箭号を利用した藍箭珈琲。

20131012_08

 

SS4B型電機機関車0002A号機。

Author:
• 金曜日, 12月 09th, 2011

ここ2ヶ月は北京に留まっていたので12月11日に行われる香港国際賽事を観戦することに。



まずはZ65次の硬臥で南昌まで移動。



北京西駅の1番ホーム。

南局昌段(南昌鉄路局/南昌車両段)の25T型客車を使用。北京西~南昌の直達特快は井崗山ゆきも含め3往復体制で運行されている。



翌朝7:20、定刻で南昌に到着。



定番になりつつあるシールサボ。



南昌駅の駅舎。

 

朝食後、駅前のバスターミナルから2路に乗り滕王閣へ。



滕王閣。

江南三大名楼の一つと言われている。他の2つは武漢の黄鶴楼と岳陽の岳陽楼で私は既に訪問済み。唐代に建てられ29回も改修されておりエレベーターまで完備している。ちなみに私は階段で登りましたw

入場料は50元。



楼閣から赣江を。

 

近くの経済大楼から27路のバスに乗り八一公園へ。



佑民寺。

南朝の梁の時代に建てられた古刹。参拝料は2元。

中でほとんどの参拝者が買っていた2元の麺を私も食べてみましたが意外と美味しかった。



朱徳旧址(起義総指揮部旧址)

朱徳が南昌で革命運動をしていた時の居住で八一起義の司令部にもなっていた場所。中の人に自由に見て良いですよ言われ無料で見学できた。

 

工人文化宫から5路のバスに乗り縄金塔へ。



縄金塔

唐代(904年)に建造された7層の高さ50.86mの塔だが、現在の塔は明代に再建された物。入場料は15元。

残念ながら塔に登ることは出来なかった。

Author:
• 日曜日, 8月 21st, 2011

大連駅前の南バスターミナルから朝8時の高速バスに乗り4時間、やって来たのは国境の街である丹東。満州時代は安東と呼ばれていた。

お昼に着いたのでまずは腹ごしらえ。



朝鮮料理の玉流館옥류관。平壌冷麺で有名なお店。



高級朝鮮冷麺。メニューには時価って書いてあったw

 

お腹がいっぱいになったら鴨緑江を散歩です。



対岸に見える煙突は旧王子製紙工場。



鴨緑江断橋。



鴨緑江断橋を渡っていたら新義州の方から汽笛が聞こえ貨物列車がやって来ました。

車両をよく見ると朝鮮鉄道のマークがあり興奮。



鴨緑江断橋の先端まで来ました。

有名な観覧車もありますがやはり動いていません。



毛沢東像と丹東駅。



丹東から瀋陽まではK28次に乗車。

3時間半程度の短区間ですが硬臥ですw



夕暮れ時の丹東駅で出発を待つK28次。



最近はシールサボになって味気なくなりましたね…

加1号車があり軟臥車が増結されていました。



途中雷雨で15分程度遅れて到着。もの凄い雹が降ったらしい…

Author:
• 火曜日, 4月 19th, 2011

オンシーズンに入る前に四川省の成都方面まで行きます。



まず購入したのは武昌までの直達特快Z37次。

同一区間のZ11次には既に乗車したことがあるのでこちらを選びました。乗車券は3日前に購入したのですが下鋪は既に売り切れており中鋪に。

前回の時は赤い乗車券でしたが、今月に入って北京駅の発券機がすべて水色の磁気券に更新されておりました。



20:54から6分毎に4本の武漢地区(漢口/武昌)ゆきの直達特快が連発。

欲を言うと1本くらい武漢ゆきにして欲しいところだが、石武客運専線が出来てしまえばこれらの列車も無くなってしまうだろう。



客車は武局武段(武漢鉄路局/武昌車両段)の25T型で、Z11次にはない高級軟臥が連結されています。



Z37次は全線電化区間ですが京局京段(北京鉄路局/北京機務段)の東風DF11Gの牽引。



6分後に出発したZ11次が入線。こちらは韶山SS9G型が牽引してきました。

 

武漢駅へ行くために東広場から路線バス540路に乗り移動。運賃は2元。

意外に遠く1時間以上掛かったので、利用される方は余裕を持って移動されたい。