台湾高鉄115次(10/16:台北-左営)自強231次―枋寮



今回は台湾島を反時計回りで列車を乗り継いでいきます。



まず台北から左営までは一気に直達タイプの高鉄で移動します。もちろん商務座です。
単純に一周するのなら在来線の自強号だけでも可能なんですがそれでは面白くありませんからここで時間を稼いでおきます。



1時間半ちょっとで左営に到着。



高鉄の乗車券。



高鉄は左営ですが在来線は新左営という駅名です。
しかも隣の駅が左営ってかなり紛らわしい。



新左営から枋寮まで乗車する自強号が入線してきました。
12連のDR2900形ディーゼル特急で日立製です。

 

まだ時間があるので撮り鉄してみます。



E200形電気機関車が牽引する莒光号。



なんと後ろ2両に郵便荷物車が2両ぶら下がっていました。



プッシュプルタイプE1000形の自強号を後撃ち。



EMU500形の区間列車。

 

そろそろ時間なので乗車します。



車内はこんな感じです。
シートピッチが広かったりフットレストがあるので国鉄時代のグリーン車を彷彿させます。



1時間ちょっとで枋寮に到着。ここで乗り換えます。



自強231次の乗車券。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!