屋上機器(1):韶山SS8型

パンタグラフが一段落したので屋上機器を製作します。



「制動電阻ユニット通風カバー」

側面ルーバー部分は重なり合わさるようにそれらしく表現しました。



「高圧電圧互換器」

本体は真鍮ブロックから糸鋸での切り出し。

碍子部分は自作の真鍮板から作ったパイプと真鍮板から。取りあえず今後の碍子制作に目処が立った。

 

最近思うことは、工作力はもちろん必要なんですが設計力も必要だなと痛感しています…

ここから大量の碍子制作、しかも形状がそれぞれ異なるので苦労しそうやな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!