屋上機器(2):韶山SS8型

昨日の9時から今月30日に運行開始する京滬高速鉄路(北京南~上海虹橋)の乗車券が発売開始されました。

開通一番列車となる北京南15時発のG1次は発売開始後すぐに売り切れになりました。



ただよく調べてみると売り切れたのは北京南~廊坊の部分だけで、廊坊から南の区間なら商務座も含めて若干残っているようです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて屋上機器の続きです…



今回は画像の中心にある主断路器と電流互換器を作ります。



「主断路器」

0.2mm厚の真鍮板を重ねあわせて作成しました。直径3mm、2mm、2.5mm、2mmの順に厚板を含め合計37枚重ねました。でも3mmと2.5mmの違いがあまり判りにくいという結果に… 半田がまだ残っているので、もう少しキサゲをやらないと駄目ですね。



「電流互換器」

こちらは0.4mm厚の真鍮板と真鍮板から作成した真鍮パイプで作成しました。

 
dazhao
  • dazhao

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!