Z37次(4/12:北京西-武昌)

オンシーズンに入る前に四川省の成都方面まで行きます。



まず購入したのは武昌までの直達特快Z37次。

同一区間のZ11次には既に乗車したことがあるのでこちらを選びました。乗車券は3日前に購入したのですが下鋪は既に売り切れており中鋪に。

前回の時は赤い乗車券でしたが、今月に入って北京駅の発券機がすべて水色の磁気券に更新されておりました。



20:54から6分毎に4本の武漢地区(漢口/武昌)ゆきの直達特快が連発。

欲を言うと1本くらい武漢ゆきにして欲しいところだが、石武客運専線が出来てしまえばこれらの列車も無くなってしまうだろう。



客車は武局武段(武漢鉄路局/武昌車両段)の25T型で、Z11次にはない高級軟臥が連結されています。



Z37次は全線電化区間ですが京局京段(北京鉄路局/北京機務段)の東風DF11Gの牽引。



6分後に出発したZ11次が入線。こちらは韶山SS9G型が牽引してきました。

 

武漢駅へ行くために東広場から路線バス540路に乗り移動。運賃は2元。

意外に遠く1時間以上掛かったので、利用される方は余裕を持って移動されたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!