阪神国道線91形(16)

今週も床下機器の続きで抵抗器の製作に入りました。

20150328_01

主抵抗器と減流抵抗器の共通部分。

まずは主抵抗器からで、これに真鍮線と0.2mm厚の真鍮板を折りたたんだ物を組み合わせます。

20150328_02

主抵抗器が組み上がった状態です。右はエコーの物を切断した状態。

前から見える折れ曲がっている部分重視で横から見ることはあまり考慮していません。

20150328_03

続いて横向きな感じの減流抵抗器。

これらを組み合わせて制作していきます。

20150328_04

右側が減流抵抗器。この状態で40個のパーツを使用しています。

今週はここまでです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!