D5107次(4/14:重慶北-成都):和諧号―大熊猫基地



重慶北の駅舎。



1時間後に発車するD5107次の1等席を自動券売機で購入。

和諧号専用の候車室があったのだが人がいっぱいでベンチも空いていなかったので、遂渝線と和諧号のパネル展示を見ながら乗車時間を待つ。

遂渝線・達成線の沿線は菜の花畑が多いのだが、残念ながら時期は過ぎてしまったようで黄色い花は少なくなっていた。



車両は成局渝段(成都鉄路局/重慶車両段)のCRH1A型で8連×2の16連でした。

しかし到着したホームが後付なのか地下道がなくて一旦跨線橋で隣のホームへ渡り、そこから地下道で出口に行くという非常に面倒くさい事になっていた。もうすぐ成都東駅が出来てそちらがメインになるのだろうから直すことも無いんだろうなと…



成都の駅舎。

 

ここから路線バスを乗り継ぎ熊猫基地まで移動。



大熊猫繁育研究基地。入場料58元。



パンダの純純(仮名)ですw

食欲旺盛でバリバリ笹を食べていました。



レッサーパンダの琳琳(仮名)ですwww

 

帰りは新南門まで行く902路に乗車。

小天竺街にある7天連鎖酒店に泊まることに。

 

ホテル近くにあった地下鉄で華西壩から天府広場まで乗車。

駅構内の設備やホームの案内表示などが北京地下鉄と同じような感じで、個人的にはあまり新鮮味がなかった。



成都地下鉄の天府広場駅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA