芭石鉄路嘉陽小火車(4/15)

7時過ぎにチェックアウトして石羊場客運站へ路線バスで移動。



成都から約180キロ離れた犍為まで2時間かけて高速バスで移動。運賃は66元。



さらに三井ゆきの路線バスに乗り換え石渓へ。石渓までは3.5元、三井(躍進)までは4.5元。

ミニバスの售票員のお姉さんに石渓駅のそばで降ろしてもらい駅への坂を上がる。



芭石鉄道石渓駅。

ナローゲージの鉄道で、旅客列車は1日4往復あります。



石炭輸送の列車がやって来ました。



そして2番目の折り返し列車が到着。



こんな客車が連結されています。

14時発の3番列車で一往復(約2時間半)します。一般列車の観光車両の運賃は10元。普通車両は5元。



ボギー客車には豚やら物資なども載せられます。

これは沿線に道路がないためです。



終点の黄村井駅のそばの建物。



沿線は菜の花畑がたくさんありますが、シーズンはもう過ぎたようです。



ブローオフきたー!

 

超混雑覚悟だったけど丁度良いくらいだった…

鉄道マニアも居なかったし、菜の花のシーズンほぼ終了で谷間だったのかも。

 

この日は犍為の南門近くにあった天波大酒店に泊まることにした。
dazhao
  • dazhao

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!