dazhaoの鉄道BLOG

X2000「新時速」の思い出

昨日投稿した直通車の記事にCedarさんからいただいたコメントで新時速は懐かしいなぁと思いました。

直通車にX2000「新時速」が走っていたのはかなり前なのでこのブログでは紹介してないという事でこの機会に投稿してみます。

このX2000は1996年にスウェーデンADTranzから1編成を広鉄集団が2年間のレンタル契約し1998年に中国上陸。広九直通車や広深城際列車として運行開始した。契約満了後は広鉄集団が買い取り継続して2007年まで運行。その後重慶に転属するものの営業運転することなく2008年12月に広州に戻された。2012年5月にスウェーデンへ里帰りし整備され21013年8月からスウェーデンで再び運行に就いている。

私個人的には直通車で1回だけ乗車したことがありますが撮ろうと思ったら故障で代走だったりとあまり縁がなかった感じです…

まともな写真がないのですが数枚アップします。

20150909_01

制御車。紅磡にて。

20150909_02

中間車。紅磡にて。

20150909_03

機関車。紅磡にて。

20150909_04

入線を撮った後にKCRのホームへ行ってこれを撮ったようです…

20150909_05

これは故障による代走通告。2005.8.3紅磡にて。

20150909_06

代走列車。2005.8.3紅磡にて。

DF11牽引でRZ25Zが5両に電源車1両のミニ編成でした。

これはこれで貴重な記録かも…


2 thoughts on “X2000「新時速」の思い出

  1. Cedar

    これこれ!すっとぼけた青鬼顔が印象的でした~リースだったんですね。結局この技術は中国の高鉄には採用(=パクリ)されなかったわけですね。新時速ってのは新快速のパクりでしょうか?

    1. dazhao Post author

      結局動力集中タイプは採用されませんでした。
      当時客車で運転されていた列車は「準高速」と呼ばれていたのでそれもよも速い高速列車というのを強調したかったのではないでしょうか。

error: Content is protected !!